クレジットカードメインのセゾンカードについて

セゾンは通常の消費者金融とは異なり、クレジットカード会社になります。

その為、消費者金融でキャッシングを行う場合とかなりの金利の差が表れてしまいます。

クレジットカードにはキャッシング機能と呼ばれる機能が搭載されており、コンビニATMなどにクレジットカードを挿入すればキャッシングカードとして認識され、お金を借りると言うことが可能になります。

つまり、ショッピング以外での使い方をしてしまうのですね。

ショッピング枠の場合は一括や二回払いまでは無利息となり、商品代金を納めればことが済みますが、三回払い以上にしてしまうと利息と言う物が入ってくるので、商品代金以外の利息も支払うことになります。

しかし、クレジットカードのキャッシング枠と言うのはショッピング枠と異なり、お金を直接貸しているので、利息と言う物が1回でも発生してしまいます。

この利息が消費者金融のキャッシングと大きく異なる部分で、通常の消費者金融の場合は4%から17%が平均的な数字ですが、クレジットカード、セゾンカードの場合は12%から18%と消費者金融のキャッシングよりも割高に設定されています。

クレジットカード自体はショッピング枠での利用をメインとしているので、付加価値としてのキャッシングは高いとなっているのですね。

セゾンカードのキャッシングにはこのようなメリット、デメリットが存在しているわけですが、セゾンカードにはクレジットカードだからこそのサービスも理解しておきたい所です。

クレジットカード全体でも言えますが、ポイントサービスと言う物があり、クレジットカードで買い物をすればポイントが付与されます。

セゾンカードの場合は永久不滅ポイントと言う特徴があり、ポイントサービスの大半は一定の期間が過ぎてしまうとポイントが消滅することがありますが、セゾンカードではそれがないのです。

また、付与されたポイントは他のサービスへの換金が可能で、電子マネーnanacoへの変換すれば、nanaco対応店でお金として利用することが出来ます。

お得に使う場合は結構考えないといけませんね。

Comments are closed.

Post Navigation