急な出費に困りがちなご祝儀が足りない場合にやるべきこと

20代後半にもなると周りの人たちが結婚をし始め、年上の知り合いなどではご祝儀を包む額を少なくても許されるかもしれませんが、同年代の友人、知人、親戚などに少額を包むとなるとその人の目が気になってしまいます。この就職難で安定した高額収入がない身としては痛い出費となり、手元に少額の金銭しかない場合もあります。実際に私がそのような事態で、日雇いの仕事をしながら明日生きるためのお金を稼いでいるわけですね。こんな時期に誰かが結婚式を挙げるとなれば、キャンセルすることを考えてしまいます。しかし、親しい友人の結婚となれば、キャンセルすることが出来ません。そこで私はキャッシングを使うことにしました。実際に借金をすると言う後ろめたさもありましたが、友人の結婚式をキャンセルすることの後ろめたさの方が強かったので、借金する抵抗がありながらもご祝儀が足りない状況を打破するために所有していたクレジットカードで即日キャッシングで10万円を借りました。これによって、結婚式は無事に終わりました。ご祝儀も5万円包み、式場の旅費などを含めると約8万円の出費となりました。友人との人間関係を考えれば得策だったのかもしれませんが、次に考えるのはこの借金の返済の事です。一応、リボルビング払いでの返済ですが、日雇いの登録アルバイトで生活するだけの金額を稼いでいた身としては痛い出費には変わりがありません。リボルビング払いとはキャッシングの基本的は返済方法で、毎月一定の金額が返済に充てられる仕組みなのです。なので、借金を増やしても返済額は変わらず、楽に返せる一方で、再び借金しやすい環境とも言えるのです。リボルビング払いの花は前々から聞いていたことなので、これを機に安定した職に就いてまともな収入で返済するチャンスだと考えて、借金返済の為にコツコツと働くことを決意しました。実際に返済シミュレーションで利子などを考えて返済計画を建てることで見事返済することが出来ました。

Comments are closed.

Post Navigation