冠婚葬祭時に必要なお金を入手するためには

冠婚葬祭とは人間関係が広い人には遭遇しやすい行事になるかと思います。特にお金がない20代では周りの人間が結婚をし始めるので、1月に結婚式に呼ばれる回数が多い人もいるかと思います。喜ばしい行事と言えば喜ばしいですが、やはり心配になるのは御祝儀であり、男性なら会社に着て行くスーツでもいいでしょうけど、女性になると男性のようには行かず、パーティ用の服装を用意しないといけません。そこで必要となるのが結局はお金で、給料日前に結婚式に呼ばれたりしたら大変ですよね。よく利用される手段としてはキャッシングで、少額の金額を貸してくれるサービスとなります。クレジットカードにもキャッシング機能は搭載されており、クレジットカードの融資額を上限としてお金を貸してくれます。しかし、クレジットカードのキャッシング機能には一つの落とし穴があります。それは金利です。クレジットカードの場合は平均的に18%と高めで、消費者金融のキャッシングカードの場合は4.7%から18%となっており、早期返済を行えば、金利が少なくお金を借りる事が可能です。クレジットカードの方が持ちやすく、キャッシングカードよりも持っている人は多いかと思いますが、金利の面からキャッシングカードの方が同じ金額を借りるだけでも大きな違いがあるわけなので、結婚式に呼ばれた場合で少額の融資を受ける場合はキャッシングに申し込んだ方がお得になります。冠婚葬祭は他にも葬式が該当し、葬式でも死者を偲びますがそれでもお金がかかる行事には変わりがありません。しかし、結婚式と違って欠席すると社会人としての立場の問題が出てきますし、用事を言い訳にして逃げることも許されません。お金が必要ならキャッシングを利用することで解決することが出来ますが、人間関係の信用問題はお金では解決できませんので、出来るだけ出席をして人間関係を保つ心意気が必要でしょう。口コミでもよくキャッシングを使うと言う人が多いですね。

Comments are closed.

Post Navigation