キャッシングの種類で利子が変わるので注意

キャッシングを利用する場合はキャッシングの種類に気を付けなければいけません。一言にキャッシングと言っても種類が豊富にあるのですね。キャッシングには大きく3種類あり、『銀行系』、『信販系』、『消費者金融系』に分かれます。それぞれ似たようなサービスを行ってはいますが、内容が異なるので、サービスから利息が大きく異なります。『銀行系』はモビットやアコム、プロミスなどの会社が行っているサービスで、それぞれの会社はバックに大手銀行がついているので、銀行サービスとの連携が優れているとがあります。例えば、プロミスの場合は三井住友銀行がバックにいるので、プロミスの融資を三井住友銀行の口座で受ける場合は24時間すぐに融資を受けられると言うメリットがあります。銀行系は銀行と同じ感覚で動いてしまうので、審査が厳しめだったり、金利や低いなどの特徴を持っています。『信販系』はいわばクレジットカードの事で、クレジットカードのキャッシング機能を使うことで、キャッシングを行います。他の2種類と大きく異なるのは利息が高いことで平均的に18%で借り入れが行われています。クレジットカードの方が利用者が多く、キャッシング会社に登録するぐらいならクレジットカードを使うと言う人もいますね。そして最後の『消費者金融系』はアイフルが該当し、銀行とも関係がないので、審査が通りやすいと言うメリットを持ちながらも金利が高い一面があります。アイフルでは銀行系に負けじと独自のキャッシングサービスを行っており、初心者向けに書類を簡略化した『わんポチっと。』と言うサービスがあり、これは10万円までならインターネットに入力した情報と携帯電話で撮影した運転免許証の写真だけでお金が借りることが出来ると言うサービスとなっています。『消費者金融系』は基本的に町の金融屋などが多く、独自のサービスがあるのが魅力だと言えるでしょう。これらの3種類のキャッシング方法は使う人の利用の仕方でお得になったり、損になったりするので、よく考えてキャッシングの種類を選択しましょう。

Comments are closed.

Post Navigation