キャッシング機能を海外での利用する時の注意

海外旅行での突然な出費と言うのは多くの人が経験したことかと思います。では、海外でお金に困った時に消費者金融のキャッシングを使うことが出来るのかと言えば、利用できません。消費者金融は基本的に日本国内でサービスを行っており、海外での利用を想定していないからです。では、どのような手段でお金がない状態を克服するのかですが、それはクレジットカードを使うことです。クレジットカードにはキャッシング機能が搭載されており、これを使うことで、海外での利用も可能になるのです。しかし、注意すべき点があり、利用する国の為替レートに上乗せレート、手数料が発生するので、得をする場合もあれば損をする場合もあると言うことです。この為替の話はFXに似たような形となり、外国のお金を借りる事になるので、日本円と価値を考えても平等ではないですね。クレジットカードと言うことでマスターカードやVISAなどであれば、その国のレートで買い物をするので、クレジットカードを使うこと自体に気を付けておきたい所かと思います。理想としては海外でも開ける口座を所有しておき、インターネットを使って日本の消費者金融が行っているインターネットキャッシングの機能を使って銀行口座に振り込ませると言うやり方を用意しておけば、日本に帰国時に海外にいた時に借りたお金はそのままの金額で請求されると言うことになりますので、レートの変動を受けにくいやり方にはなるでしょう。また、日本を出国するときに必要以上のお金を消費者金融から借り入れて出発しておくのもいいかもしれません。見知らぬ地でどのくらいのお金を消費するのかは現地に行かないと分からないことですし、余計にお金を持っていくこと自体も悪くはないですからね。やはり、一番怖いのは外国為替でお金の価値が変動してしまうものなので、資産を失うケースも珍しくはないですからね。海外での利用する場合は気を付けたいところです。

Comments are closed.

Post Navigation