申込む前にキャッシングに必要なものを揃えておこう

キャッシング即日を受けたいけど、申し込む際にキャッシングに必要なものが分からないと言う人が多いかと思いますので、キャッシングに必要なものを紹介したいと思います。キャッシングを受ける際に必要なものとしてはいくつかの書類が必要になります。大きく分けて『本人確認書類』と『収入証明』の2種類の提出が求められます。『本人確認書類』はどこの消費者金融でも求められる書類で、融資が少ない場合は本人確認書類だけが求められる場合があります。主に運転免許書、健康保険証、パスポートなどで、借りる人が本人かどうかを証明する書類なのですね。また、住所も重要な項目で、運転免許書等に描かれている住所と現住所が異なる場合は公共料金の領収書、住民票の写し、印鑑証明書のどれかも提出する必要があります。この時点で消費者金融は借りる人の本人確認と、住んでいる住所を確認して融資を行うわけです。次に『収入証明』ですが、この書類はキチンと収入があるのかを証明する書類となり、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書が該当します。主に本人確認書類で受けられる融資以上のお金を借りる時に求められる書類で、大半の消費者金融では50万円以上のお金を借りる時に提出が求められます。消費者金融の中では100万円、200万円までは収入証明が不必要な場合がありますので、キャッシングを行う消費者金融でどこまでお金が借りれるのかを知っておく必要はあるでしょう。特別な場合の書類としては専業主婦、学生など収入が安定しない立場の人場合は上記の書類以外に求められます。専業主婦の場合は無職と同じ立場になるので、収入が無い人間と金融機関で見られてしまいますが、無職と異なるのは収入が安定している配偶者の収入が当てに出来ると言う一面があるので、配偶者の同意と住民票の提出が求められます。借りれるお金の額も配偶者の年収の3分の1になることも知っておきましょう。学生の場合は学生証の提示が求められます。学生時代の収入は消費者金融もあまり当てにはしていませんが、卒業後の収入を当てにされることが多く、卒業後に返済できる消費者金融もあるので、もし、お金を借りる場合には注意して、消費者金融を選択しましょう。

Comments are closed.

Post Navigation