Monthly Archives: 8月 2013

You are browsing the site archives by month.

キャッシング機能を海外での利用する時の注意

海外旅行での突然な出費と言うのは多くの人が経験したことかと思います。では、海外でお金に困った時に消費者金融のキャッシングを使うことが出来るのかと言えば、利用できません。消費者金融は基本的に日本国内でサービスを行っており、海外での利用を想定していないからです。では、どのような手段でお金がない状態を克服するのかですが、それはクレジットカードを使うことです。クレジットカードにはキャッシング機能が搭載されており、これを使うことで、海外での利用も可能になるのです。しかし、注意すべき点があり、利用する国の為替レートに上乗せレート、手数料が発生するので、得をする場合もあれば損をする場合もあると言うことです。この為替の話はFXに似たような形となり、外国のお金を借りる事になるので、日本円と価値を考えても平等ではないですね。クレジットカードと言うことでマスターカードやVISAなどであれば、その国のレートで買い物をするので、クレジットカードを使うこと自体に気を付けておきたい所かと思います。理想としては海外でも開ける口座を所有しておき、インターネットを使って日本の消費者金融が行っているインターネットキャッシングの機能を使って銀行口座に振り込ませると言うやり方を用意しておけば、日本に帰国時に海外にいた時に借りたお金はそのままの金額で請求されると言うことになりますので、レートの変動を受けにくいやり方にはなるでしょう。また、日本を出国するときに必要以上のお金を消費者金融から借り入れて出発しておくのもいいかもしれません。見知らぬ地でどのくらいのお金を消費するのかは現地に行かないと分からないことですし、余計にお金を持っていくこと自体も悪くはないですからね。やはり、一番怖いのは外国為替でお金の価値が変動してしまうものなので、資産を失うケースも珍しくはないですからね。海外での利用する場合は気を付けたいところです。

キャッシングの種類で利子が変わるので注意

キャッシングを利用する場合はキャッシングの種類に気を付けなければいけません。一言にキャッシングと言っても種類が豊富にあるのですね。キャッシングには大きく3種類あり、『銀行系』、『信販系』、『消費者金融系』に分かれます。それぞれ似たようなサービスを行ってはいますが、内容が異なるので、サービスから利息が大きく異なります。『銀行系』はモビットやアコム、プロミスなどの会社が行っているサービスで、それぞれの会社はバックに大手銀行がついているので、銀行サービスとの連携が優れているとがあります。例えば、プロミスの場合は三井住友銀行がバックにいるので、プロミスの融資を三井住友銀行の口座で受ける場合は24時間すぐに融資を受けられると言うメリットがあります。銀行系は銀行と同じ感覚で動いてしまうので、審査が厳しめだったり、金利や低いなどの特徴を持っています。『信販系』はいわばクレジットカードの事で、クレジットカードのキャッシング機能を使うことで、キャッシングを行います。他の2種類と大きく異なるのは利息が高いことで平均的に18%で借り入れが行われています。クレジットカードの方が利用者が多く、キャッシング会社に登録するぐらいならクレジットカードを使うと言う人もいますね。そして最後の『消費者金融系』はアイフルが該当し、銀行とも関係がないので、審査が通りやすいと言うメリットを持ちながらも金利が高い一面があります。アイフルでは銀行系に負けじと独自のキャッシングサービスを行っており、初心者向けに書類を簡略化した『わんポチっと。』と言うサービスがあり、これは10万円までならインターネットに入力した情報と携帯電話で撮影した運転免許証の写真だけでお金が借りることが出来ると言うサービスとなっています。『消費者金融系』は基本的に町の金融屋などが多く、独自のサービスがあるのが魅力だと言えるでしょう。これらの3種類のキャッシング方法は使う人の利用の仕方でお得になったり、損になったりするので、よく考えてキャッシングの種類を選択しましょう。

申込む前にキャッシングに必要なものを揃えておこう

キャッシング即日を受けたいけど、申し込む際にキャッシングに必要なものが分からないと言う人が多いかと思いますので、キャッシングに必要なものを紹介したいと思います。キャッシングを受ける際に必要なものとしてはいくつかの書類が必要になります。大きく分けて『本人確認書類』と『収入証明』の2種類の提出が求められます。『本人確認書類』はどこの消費者金融でも求められる書類で、融資が少ない場合は本人確認書類だけが求められる場合があります。主に運転免許書、健康保険証、パスポートなどで、借りる人が本人かどうかを証明する書類なのですね。また、住所も重要な項目で、運転免許書等に描かれている住所と現住所が異なる場合は公共料金の領収書、住民票の写し、印鑑証明書のどれかも提出する必要があります。この時点で消費者金融は借りる人の本人確認と、住んでいる住所を確認して融資を行うわけです。次に『収入証明』ですが、この書類はキチンと収入があるのかを証明する書類となり、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書が該当します。主に本人確認書類で受けられる融資以上のお金を借りる時に求められる書類で、大半の消費者金融では50万円以上のお金を借りる時に提出が求められます。消費者金融の中では100万円、200万円までは収入証明が不必要な場合がありますので、キャッシングを行う消費者金融でどこまでお金が借りれるのかを知っておく必要はあるでしょう。特別な場合の書類としては専業主婦、学生など収入が安定しない立場の人場合は上記の書類以外に求められます。専業主婦の場合は無職と同じ立場になるので、収入が無い人間と金融機関で見られてしまいますが、無職と異なるのは収入が安定している配偶者の収入が当てに出来ると言う一面があるので、配偶者の同意と住民票の提出が求められます。借りれるお金の額も配偶者の年収の3分の1になることも知っておきましょう。学生の場合は学生証の提示が求められます。学生時代の収入は消費者金融もあまり当てにはしていませんが、卒業後の収入を当てにされることが多く、卒業後に返済できる消費者金融もあるので、もし、お金を借りる場合には注意して、消費者金融を選択しましょう。

ネット申し込みで覚えておきたい危険性とは

キャッシングの歴史上、現在は非常にキャッシングする手段が多様化し、以前よりも気軽さが特徴となっています。特にインターネットの普及はキャッシングの中でも大きな変化と言えるもので、パソコン、スマートフォン、携帯電話などインターネットに接続された機器さえあれば、24時間、いつでもどこでもキャッシング操作が行えるのですね。もちろん最初の申し込みにも対応しているので、以前の様な無人契約機にコソコソと向かってキャッシングサービスを受けることがないのです。最初の契約をネットで申込みを行う場合はまず、消費者金融の公式サイトへと向かいます。大抵の消費者金融の公式サイトには申し込むページが用意されており、そこに住所、就業先、現在の借金を記入することで審査が行われます。もちろん短時間での審査となるので、30分から45分ぐらいでキャッシングを利用することが出来るのか、出来ないのかが判明するわけです。審査が通れば、次に身分証明書の提出ですが、これもネットで申込みする特徴と言える部分となります。つまり、携帯電話やスマートフォン、デジカメなどで身分証明書を自分で撮影し、それを送ることで身分証明書を提出するわけです。以前では考えにくいもので、時代の流れを感じてしまいます。これで必要書類を提出したので、あとはネットで借入する金額を申し込めば、指定した銀行口座へ振り込まれる仕組みとなっています。その為、借金への気軽さがネットで申込みした場合のメリットとなっており、返済もネットで申込みをすることで、24時間、いつでもどこでも借り入れたり、返済したり出来る環境が出来ると言う物です。もちろん、携帯電話、スマートフォンなどのモバイルデバイスからも行えるので、外出先で急にお金が必要になったけど、無人契約機に向かうのに抵抗がある。キャッシングを利用したいけど、店舗に向かう暇がない人などに利用しやすい環境で、キャッシングする手段の多様化によって進化したキャッシング方法なのですね。

キャッシング即日には審査スピードが重要になります

キャッシング即日を利用する場合に気になるのが審査スピードですよね。キャッシング即日を利用する人はいち早くお金を手に入れたいので、時間がかかるキャッシングサービスは受けたくはありません。インターネットで申し込める時代にもなっているので、以前よりも一層審査スピードが向上しています。基本的な審査の速さとしては30分とされており、多くの消費者金融では30分後に利用可能としてます。そこでとにかくキャッシング即日の為に早い消費者金融を説明しましょう。『モビット』は最短10秒と言う脅威の速度を持っています。インターネットで申し込む場合は全てがインターネット上で完結する消費者金融で、個人証明の書類として使われる運転免許証や住民票などは携帯電話のカメラで撮影したものが正規な書類として処理されるので、インターネット時代だからこその速さを実現しています。『プロミス』、『アイフル』でも同じ手法が使われているので、最短30分で審査が行われています。珍しいパターンとしては『アコム』でアコムの場合は上記以外の消費者金融同様にインターネット上で申し込んだとしても個人証明の書類の提出などが郵送で行われており、登録完了までに数日間の日にちが経過してしまいますが、『アコム』では即日に対応するために、インターネットで申し込んだ時点でキャッシング即日を利用することが出来ます。つまり、登録が仮登録の状態でお金が借りれると言うことになり、あとで郵送される書類を記入して、正規の登録を行うことになります。その他の消費者金融ではインターネット申し込みを受け付けていますが、どうしても正規登録をしてサービスを行う金融機関が多いので、どうしても数日間の時間差が発生してしまいキャッシング即日が登録してから数日後になってしまします。キャッシング即日を利用するためにキャッシングサービスを登録する場合は消費者金融のサービス内容を確認してから申し込みを申請しましょう。

キャッシング即日を受ける場合に締切時間に注意

キャッシングサービスにはインターネット申し込みで24時間対応していると言う消費者金融がありますが、受け付けは24時間ですが、対応するのは24時間ではなかったりします。キャッシング即日を受ける場合には注意しておきたいポイントで締切時間に注意しましょう。締切時間は消費者金融によって異なります。大半の消費者金融ではキャッシングサービス自体の申し込みとしては14時が締切時間となっており、14時以前に届いた申し込みに関しては審査が当日行われ、キャッシング即日を利用することが出来ますが、14時以降に届いた申し込みに関しては翌日審査が行われるので、当日にお金を借りると言うことが出来ません。また、お金を借りる申し込みに関しても大半の消費者金融の締切時間は14時50分で14時50分前に申し込まれた融資に関しては即日振り込み対応となりますが、14時50分過ぎて申し込まれた融資に関しては翌日振り込みになるので、当日にお金が必要な場合は早めに申し込むことが重要となります。しかし、消費者金融の中には締切時間に注意しなくてもいい金融機関があり、『楽天銀行』と『プロミス』に関しては指定された銀行口座さえ持っていれば、24時間365日関係なく、申し込めば10秒後にお金が振り込まれる振込キャッシングを利用することが可能なので、急に必要になった場合は『楽天銀行』と『プロミス』の方が対応が早く締め切り時間に注意しなくていいと言うことになります。このようなサービスは消費者金融によって異なるので、締切時間なども注意してチェックしておきたいポイントです。出来るだけ早めにキャッシングを行って心に余裕をもって行動しておきたいものですね。今回記入した時間はあくまでも平均的な時間であり、『ノーローン』と言う消費者金融では午前中で締切ると言う場合がありますので、事前に様々な消費者金融の締め切り時間をチェックしておきましょう。

冠婚葬祭時に必要なお金を入手するためには

冠婚葬祭とは人間関係が広い人には遭遇しやすい行事になるかと思います。特にお金がない20代では周りの人間が結婚をし始めるので、1月に結婚式に呼ばれる回数が多い人もいるかと思います。喜ばしい行事と言えば喜ばしいですが、やはり心配になるのは御祝儀であり、男性なら会社に着て行くスーツでもいいでしょうけど、女性になると男性のようには行かず、パーティ用の服装を用意しないといけません。そこで必要となるのが結局はお金で、給料日前に結婚式に呼ばれたりしたら大変ですよね。よく利用される手段としてはキャッシングで、少額の金額を貸してくれるサービスとなります。クレジットカードにもキャッシング機能は搭載されており、クレジットカードの融資額を上限としてお金を貸してくれます。しかし、クレジットカードのキャッシング機能には一つの落とし穴があります。それは金利です。クレジットカードの場合は平均的に18%と高めで、消費者金融のキャッシングカードの場合は4.7%から18%となっており、早期返済を行えば、金利が少なくお金を借りる事が可能です。クレジットカードの方が持ちやすく、キャッシングカードよりも持っている人は多いかと思いますが、金利の面からキャッシングカードの方が同じ金額を借りるだけでも大きな違いがあるわけなので、結婚式に呼ばれた場合で少額の融資を受ける場合はキャッシングに申し込んだ方がお得になります。冠婚葬祭は他にも葬式が該当し、葬式でも死者を偲びますがそれでもお金がかかる行事には変わりがありません。しかし、結婚式と違って欠席すると社会人としての立場の問題が出てきますし、用事を言い訳にして逃げることも許されません。お金が必要ならキャッシングを利用することで解決することが出来ますが、人間関係の信用問題はお金では解決できませんので、出来るだけ出席をして人間関係を保つ心意気が必要でしょう。口コミでもよくキャッシングを使うと言う人が多いですね。