Author Archives: Thegreatmoomsi

無収入な専業主婦はキャッシング可能かどうか

専業主婦はキャッシング可能かと聞かれれば可能です。専業主婦の場合は無職と同じ無収入で安定した収入が無い人間として消費者金融は貸すメリットよりも返済されない可能性が高いデメリットが大きいので、消費者金融によっては専業主婦に貸し出すことを戸惑うところもあります。しかし、レディースキャッシングなど専業主婦層にお金を貸し出す消費者金融もあり、この場合は通常のキャッシングサービスとは異なり、提出書類が多くなってしまうのも事実です。まず、第一に配偶者の同意書が必要になります。専業主婦は無収入と言うことで、消費者金融は収入のある配偶者である夫の収入で返済してもらうので、同意してもらう必要があるのです。過去に同意書が必要なかった時代に妻が、無収入なのに内緒でキャッシングを使い込むと言う事件が社会問題になってしまったので、消費者金融もそこを考慮して、内緒で持てなくしたと言うことになります。無職でもキャッシングを使う手段は存在しており、無職と同じ扱いがされる専業主婦でも同じ手段を使えば、キャッシングを受けることが可能になります。キャッシングの審査には収入が安定しているのかが重要となり、お金が収入できる手段を確かめます。例えば、日雇いの派遣社員に登録しているだけでも、無職扱いにはなりません。事実、派遣社員として登録されている以上は派遣社員になるので、働いている状況なんて消費者金融がいちいちチェックなどは行いませんからね。派遣登録会社に電話を掛けることがあっても、そこにきちんと在籍しているのかを確認するだけなので、問題がありません。派遣社員への登録以外ではネットオークションをしていたり、内職をしている場合は自営業と判断される可能性があります。実際にそこから収益を得ている時点で、無職でもなく自分で仕事をしているだけなので、自営業と堂々と言えるのです。もしそれが真面目にこなしていなくて月の収入が減っていたとしても返済できる環境があると判断されるので、審査にやや通りにくい状況には変わりはありませんが、専業主婦の立場と比べるとマシな状況だとは言えるでしょう。

ネットキャッシングは果たして24時間対応か

キャッシング即日の24時間対応かは消費者金融、銀行によってバラバラな対応をしており、基本的に24時間対応は行っていないところが多いです。インターネットによるキャッシングサービスの申し込みやお金を借りる、返済する操作は24時間対応していますが、実際には受け付けだけは24時間対応しており、サービスが動くのは翌日と言うパターンが多いですね。もし、夜に飲み会など急に誘われてお金がすぐに必要な場合はどうするべきなのかを説明すると、一部の消費者金融では24時間の対応が条件付きであります。例えば、プロミスの場合はインターネットで指定した銀行口座への振り込みが可能で、お金を借りる事が24時間操作することが出来ます。しかし、通常の銀行口座の場合だと、平日の午前9時から午後の14時50分以内にお金を借りる事を申し込めれば10秒後に融資を受けることが出来ますが、それ以外の時間帯に申し込むと翌日の午前9時30分に振込されます。他の金融機関でも同じ対応をしており、この場合だと夜の飲み会でキャッシング即日を受けることが出来ません。しかし、三井住友銀行、ジャパネット銀行を指定の銀行口座に設定すると平日、休日、祝日とも24時間10秒後にお金を振り込んでくれると言うサービスとなっており、この場合だと夜の飲み会でちょっとした時間に携帯電話でキャッシングを申し込んで、コンビニATMでお金を降ろすと言う手段が利用することができます。このような対応は消費者金融によって異なっており、当然、条件なども変わってきます。消費者金融以外ではクレジットカードのキャッシング機能もコンビニATMで24時間利用できるメリットがあり、クレジットカードの場合は金利が消費者金融と比較しても高いですが、利便性は消費者金融よりも高いと思います。クレジットカードの方は社会人となれば1枚、2枚持っていて当たり前なカードですし、消費者金融に登録して使うと言う手間がないので、1次的にお金を貸してほしいと言う場合はクレジットカードの方が早い対応になる場合があります。

キャッシング即日の場合は利子はどうなるのか

キャッシング即日を利用する場合、どうしても気になるのは利子の話かと思います。気前よく即日にお金を貸すのだから利子はどうなるのかは誰もが疑問に思う部分ではないでしょうか。利子に関しては消費者金融によって異なることが多く、サービスの違いによって利子率なども異なるからですね。基本的には高めに設定されており、平均18%になっています。低くても14%などなので、消費者金融の利子率をチェックしておきたい所です。最近では無利息と言うサービスを行う消費者金融も出てきており、プロミス、レイクなどの消費者金融では初回の1回限り、30日間は無利息と言うサービスを行っています。30日と言えば、給料日は必ず重なりますし、返済の目処があるので、お金を借りる事への気軽さがあると言えるでしょう。これはあくまでも初回サービスであり、次がないことに注意しておきたい所です。では、毎回無利息でキャッシング即日が利用できる消費者金融はないのかと思われる方が多いかと思いますが、実はあります。それは『ノーローン』と言う消費者金融でここの特殊なサービスとしては『1か月に1週間無利息』と言うルールがあるのですね。これは1か月に1度だけ1週間は無利息になると言うもので例えば、1週間以内に給料日が来るけど、給料日前だからお金がない。今すぐお金が必要と言う場面で役に立つキャッシングサービスで、お金を借りたとしても1週間以内の給料日で完済することが出来れば、無利息となるので、借りた金額分だけを返済すればいいのですね。また、3週間借りた場合は1週間無利息のルールが適応されるので、1週間分は無利息となり、残りの2週間分の利息が発生すると言うことになります。完済さえしていれば、翌週も同じルールが適応されるので、また給料日前のお金がない時期にでのお金を借りる事が気軽に行えるのですね。キャッシング即日を利用したからと言って利子自体は上がることがなく、キャッシングサービスの利子が導入されると言うことになります。

キャッシング機能を海外での利用する時の注意

海外旅行での突然な出費と言うのは多くの人が経験したことかと思います。では、海外でお金に困った時に消費者金融のキャッシングを使うことが出来るのかと言えば、利用できません。消費者金融は基本的に日本国内でサービスを行っており、海外での利用を想定していないからです。では、どのような手段でお金がない状態を克服するのかですが、それはクレジットカードを使うことです。クレジットカードにはキャッシング機能が搭載されており、これを使うことで、海外での利用も可能になるのです。しかし、注意すべき点があり、利用する国の為替レートに上乗せレート、手数料が発生するので、得をする場合もあれば損をする場合もあると言うことです。この為替の話はFXに似たような形となり、外国のお金を借りる事になるので、日本円と価値を考えても平等ではないですね。クレジットカードと言うことでマスターカードやVISAなどであれば、その国のレートで買い物をするので、クレジットカードを使うこと自体に気を付けておきたい所かと思います。理想としては海外でも開ける口座を所有しておき、インターネットを使って日本の消費者金融が行っているインターネットキャッシングの機能を使って銀行口座に振り込ませると言うやり方を用意しておけば、日本に帰国時に海外にいた時に借りたお金はそのままの金額で請求されると言うことになりますので、レートの変動を受けにくいやり方にはなるでしょう。また、日本を出国するときに必要以上のお金を消費者金融から借り入れて出発しておくのもいいかもしれません。見知らぬ地でどのくらいのお金を消費するのかは現地に行かないと分からないことですし、余計にお金を持っていくこと自体も悪くはないですからね。やはり、一番怖いのは外国為替でお金の価値が変動してしまうものなので、資産を失うケースも珍しくはないですからね。海外での利用する場合は気を付けたいところです。

キャッシングの種類で利子が変わるので注意

キャッシングを利用する場合はキャッシングの種類に気を付けなければいけません。一言にキャッシングと言っても種類が豊富にあるのですね。キャッシングには大きく3種類あり、『銀行系』、『信販系』、『消費者金融系』に分かれます。それぞれ似たようなサービスを行ってはいますが、内容が異なるので、サービスから利息が大きく異なります。『銀行系』はモビットやアコム、プロミスなどの会社が行っているサービスで、それぞれの会社はバックに大手銀行がついているので、銀行サービスとの連携が優れているとがあります。例えば、プロミスの場合は三井住友銀行がバックにいるので、プロミスの融資を三井住友銀行の口座で受ける場合は24時間すぐに融資を受けられると言うメリットがあります。銀行系は銀行と同じ感覚で動いてしまうので、審査が厳しめだったり、金利や低いなどの特徴を持っています。『信販系』はいわばクレジットカードの事で、クレジットカードのキャッシング機能を使うことで、キャッシングを行います。他の2種類と大きく異なるのは利息が高いことで平均的に18%で借り入れが行われています。クレジットカードの方が利用者が多く、キャッシング会社に登録するぐらいならクレジットカードを使うと言う人もいますね。そして最後の『消費者金融系』はアイフルが該当し、銀行とも関係がないので、審査が通りやすいと言うメリットを持ちながらも金利が高い一面があります。アイフルでは銀行系に負けじと独自のキャッシングサービスを行っており、初心者向けに書類を簡略化した『わんポチっと。』と言うサービスがあり、これは10万円までならインターネットに入力した情報と携帯電話で撮影した運転免許証の写真だけでお金が借りることが出来ると言うサービスとなっています。『消費者金融系』は基本的に町の金融屋などが多く、独自のサービスがあるのが魅力だと言えるでしょう。これらの3種類のキャッシング方法は使う人の利用の仕方でお得になったり、損になったりするので、よく考えてキャッシングの種類を選択しましょう。

申込む前にキャッシングに必要なものを揃えておこう

キャッシング即日を受けたいけど、申し込む際にキャッシングに必要なものが分からないと言う人が多いかと思いますので、キャッシングに必要なものを紹介したいと思います。キャッシングを受ける際に必要なものとしてはいくつかの書類が必要になります。大きく分けて『本人確認書類』と『収入証明』の2種類の提出が求められます。『本人確認書類』はどこの消費者金融でも求められる書類で、融資が少ない場合は本人確認書類だけが求められる場合があります。主に運転免許書、健康保険証、パスポートなどで、借りる人が本人かどうかを証明する書類なのですね。また、住所も重要な項目で、運転免許書等に描かれている住所と現住所が異なる場合は公共料金の領収書、住民票の写し、印鑑証明書のどれかも提出する必要があります。この時点で消費者金融は借りる人の本人確認と、住んでいる住所を確認して融資を行うわけです。次に『収入証明』ですが、この書類はキチンと収入があるのかを証明する書類となり、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書が該当します。主に本人確認書類で受けられる融資以上のお金を借りる時に求められる書類で、大半の消費者金融では50万円以上のお金を借りる時に提出が求められます。消費者金融の中では100万円、200万円までは収入証明が不必要な場合がありますので、キャッシングを行う消費者金融でどこまでお金が借りれるのかを知っておく必要はあるでしょう。特別な場合の書類としては専業主婦、学生など収入が安定しない立場の人場合は上記の書類以外に求められます。専業主婦の場合は無職と同じ立場になるので、収入が無い人間と金融機関で見られてしまいますが、無職と異なるのは収入が安定している配偶者の収入が当てに出来ると言う一面があるので、配偶者の同意と住民票の提出が求められます。借りれるお金の額も配偶者の年収の3分の1になることも知っておきましょう。学生の場合は学生証の提示が求められます。学生時代の収入は消費者金融もあまり当てにはしていませんが、卒業後の収入を当てにされることが多く、卒業後に返済できる消費者金融もあるので、もし、お金を借りる場合には注意して、消費者金融を選択しましょう。

ネット申し込みで覚えておきたい危険性とは

キャッシングの歴史上、現在は非常にキャッシングする手段が多様化し、以前よりも気軽さが特徴となっています。特にインターネットの普及はキャッシングの中でも大きな変化と言えるもので、パソコン、スマートフォン、携帯電話などインターネットに接続された機器さえあれば、24時間、いつでもどこでもキャッシング操作が行えるのですね。もちろん最初の申し込みにも対応しているので、以前の様な無人契約機にコソコソと向かってキャッシングサービスを受けることがないのです。最初の契約をネットで申込みを行う場合はまず、消費者金融の公式サイトへと向かいます。大抵の消費者金融の公式サイトには申し込むページが用意されており、そこに住所、就業先、現在の借金を記入することで審査が行われます。もちろん短時間での審査となるので、30分から45分ぐらいでキャッシングを利用することが出来るのか、出来ないのかが判明するわけです。審査が通れば、次に身分証明書の提出ですが、これもネットで申込みする特徴と言える部分となります。つまり、携帯電話やスマートフォン、デジカメなどで身分証明書を自分で撮影し、それを送ることで身分証明書を提出するわけです。以前では考えにくいもので、時代の流れを感じてしまいます。これで必要書類を提出したので、あとはネットで借入する金額を申し込めば、指定した銀行口座へ振り込まれる仕組みとなっています。その為、借金への気軽さがネットで申込みした場合のメリットとなっており、返済もネットで申込みをすることで、24時間、いつでもどこでも借り入れたり、返済したり出来る環境が出来ると言う物です。もちろん、携帯電話、スマートフォンなどのモバイルデバイスからも行えるので、外出先で急にお金が必要になったけど、無人契約機に向かうのに抵抗がある。キャッシングを利用したいけど、店舗に向かう暇がない人などに利用しやすい環境で、キャッシングする手段の多様化によって進化したキャッシング方法なのですね。