Category Archives: 体験談

モバイルキャッシングの手軽さとその危険性

モバイルキャッシング。

それは携帯電話のインターネット機能を利用して24時間いつでもどこでもキャッシング操作を行えることなんですね。

これは一昔では考えられないシステムで、キャッシングと言う物がより身近になってしまったものだと思います。

実際に利用してみると、無人契約機や無人ATM機に近寄ることなく借金が行えるので、携帯電話片手に借金の申し込みが出来る気軽さは人にとってメリットとなり、デメリットとなってしまう恐怖があります。

私自身の体験としては後者で、モバイルキャッシングは人生にとってデメリットとなってしまいました。

人間の心とは弱いもので、周りの目を気にしなくてもいいと言う環境は借金をやりやすい環境でもあり、周りの目と言う物は一つの抑止力だったのかもしれません。

携帯電話で一度申し込めば、気軽に融資が受けられるもので、お金がない場合に時間関係なく申し込めば、指定した口座に入金される仕組みになっています。

最初は借金への抵抗がありながらも、急にお金が必要だったので、借金をしましたが、モバイルキャッシングの気軽さを体験してしまったので、無計画的に次の借金をしてしまうのですね。

こうして借金が積み重ねることになり、借金をしていると言う感覚が薄れていたのも事実かもしれません。

携帯電話で操作をしているので、どこかゲーム的な感覚に陥っており、最終的には借金を借金で返済すると言う自転車操業にまで陥りました。

現在では借金を一本化し、まともに返済する生活を送っていますが、モバイルキャッシングの気軽さと言うメリットの恐怖に関しては忘れることが出来ません。

モバイルキャッシングもキャッシング同様に借金することに関しては変わりがなく、実際に店舗に向かって借金をしている実感を味わうのか、それとも手元の機器で借金して、借金をしている実感を薄れているのかの違いでしかありません。

このことは借金をした私から言わせれば、重要なものであり、これからモバイルキャッシングをする人は『計画的に』利用すれば問題はないのでしょうけど、借金への抵抗を忘れないことをお勧めします。

女性向けのローンサービスであるレディースローンとは

レディースローンと聞くと、女性に対してのローンサービスと言うことは分かりますが、通常のローンサービスと比較しても女性向けだから審査や利息などが甘くなると言うことは決してなく、お金を借りること自体が通常のローンサービスと同じなので、審査や利息などは同じと言うことになります。

では、レディースローンとは何なのかを説明しないといけません。

レディースローンとは女性が借りやすいローンサービスと言う意味で、消費者金融によっては女性の人生の節目であるブライダル、出産向けのローン商品も扱っていることがありますが、基本的には対応スタッフが女性が担当すると言うことだけになります。

なので、基本的な部分は通常のローンサービスと変わりがなく、即日キャッシングなども同じになります。

女性の立場からすれば、借金はやりづらいもので、町中にある無人契約機のお店に入ることすら抵抗があります。

どうしても無人契約機のお店に入るのは男性のイメージが拭えないからですね。

私自身もそうで、借金の抵抗が男性よりも女性の方が一層強いので、急に必要な出費の時にどうしようか悩みました。

それも友達の結婚式が間近に迫っていたのです。

友達の結婚式なので、欠席するわけにもいかず、オシャレに手を抜くわけにもいかないので、ドレスも買わないといけないですし、ご祝儀も友達と言うことで少額の金額を包むわけにもいきませんでした。

そこで、思いってレディースローンの相談窓口に電話をしてみると、電話対応してきた女性の方が親切な人で、借金への『怖い』と言うイメージが一瞬にして拭えました。

そして、お金の使い道について相談していると、女性だから共感できる部分を共感して頂いて、やはり、友達の結婚式と言うこともあり、オシャレに手を抜いては失礼なので、ドレスを新調して良い結婚式にしましょうと言われ、お金を借りることに関しての踏み止まっていた私の背中をポンと押してくれたのです。

結果的にはお金を借りてしまいましたが、友達の結婚式は一生にこの瞬間にしかないので、いい思い出になったと思います。

急な出費に困りがちなご祝儀が足りない場合にやるべきこと

20代後半にもなると周りの人たちが結婚をし始め、年上の知り合いなどではご祝儀を包む額を少なくても許されるかもしれませんが、同年代の友人、知人、親戚などに少額を包むとなるとその人の目が気になってしまいます。この就職難で安定した高額収入がない身としては痛い出費となり、手元に少額の金銭しかない場合もあります。実際に私がそのような事態で、日雇いの仕事をしながら明日生きるためのお金を稼いでいるわけですね。こんな時期に誰かが結婚式を挙げるとなれば、キャンセルすることを考えてしまいます。しかし、親しい友人の結婚となれば、キャンセルすることが出来ません。そこで私はキャッシングを使うことにしました。実際に借金をすると言う後ろめたさもありましたが、友人の結婚式をキャンセルすることの後ろめたさの方が強かったので、借金する抵抗がありながらもご祝儀が足りない状況を打破するために所有していたクレジットカードで即日キャッシングで10万円を借りました。これによって、結婚式は無事に終わりました。ご祝儀も5万円包み、式場の旅費などを含めると約8万円の出費となりました。友人との人間関係を考えれば得策だったのかもしれませんが、次に考えるのはこの借金の返済の事です。一応、リボルビング払いでの返済ですが、日雇いの登録アルバイトで生活するだけの金額を稼いでいた身としては痛い出費には変わりがありません。リボルビング払いとはキャッシングの基本的は返済方法で、毎月一定の金額が返済に充てられる仕組みなのです。なので、借金を増やしても返済額は変わらず、楽に返せる一方で、再び借金しやすい環境とも言えるのです。リボルビング払いの花は前々から聞いていたことなので、これを機に安定した職に就いてまともな収入で返済するチャンスだと考えて、借金返済の為にコツコツと働くことを決意しました。実際に返済シミュレーションで利子などを考えて返済計画を建てることで見事返済することが出来ました。

学生でもキャッシングが可能な学生ローンとその注意点

学生ローンと聞くと、収入に安定しない学生向けのローンサービスで、学生相手なので金利が安かったり、通常のローンサービスと比較しても優しいものと勝手に思ってしまいますよね。当然、私もそのような想像をしてしまい、大学生時代に酷い目に合いました。まだ、金利なども分からない時代だったので、その辺りの考え方の甘さが現れてしまったのですね。では、学生ローンとはどのようなものなのかを説明したいと思います。通常のローンサービスの場合は安定した収入があり、返済の見込みが出来る人向けにローンサービスが行われていますが、学生の場合は収入に関しては安定はなく、返済の見込みもありません。そこで、登場したのが学生ローンで会社によってはアルバイトの有無が関わってきますが、大半の学生ローンでは収入の安定性は求められておらず、学校を卒業後に就職をしてから返済することも可能なので、学生にとってみればサークル活動や旅行など大きなお金が動く時に気軽に利用できる気軽なローンサービスが魅力となっています。しかし、就職した際に返済すればいいと言う甘い見通しと金利が高いと言う落とし穴にどうしても気づきにくいものです。学生ローンも通常のローンも金利は平均で18%前後と変わりなく、会社によっては銀行のカードローンよりも高い場合があります。通常のローンサービスと比較しても学生ローンは審査が通りやすいと言うメリット面だけであり、お金を借りることに関しては変わりがないのです。実際に利用してみて、収入に見通しがあった訳でもなく、卒業後に返済が出来たとしても返済期間が長期的になれば利息が増える一方なので、デメリット面の方が多くなる一方なのです。また、学校卒業後に就職が出来るのかと言う問題もあり、明るい将来よりも借金を抱えた状態での社会人スタートと響きが悪い状態でのスタートもどこか嫌ですね。なので、学生ローンを組むよりも学生時代にローンを組むならアルバイトをしながら金利の低い通常のローンサービスの方がお得と言える会社を見つけた方が得策でしょう。もちろん、キャッシング即日にも対応してくれるので、急な出費の場合でもサポートしてくれる存在になってくれます。

気軽にキャッシングが申し込めるウェブ申込みの体験

キャッシングをする方法としては近年多様化し、借金がしやすい状況と言うのが生まれてしまっています。特に大きな変化と言えば、ウェブ申込みでインターネットに接続できるパソコン、スマートフォン、タブレット、携帯電話があれば、24時間気軽に借金が行える環境と言うのはキャッシングの歴史の中でも大きな変化だったのではないでしょうか。私の体験からしてみれば、これは怖いものでした。まず、ウェブ申込みのメリット面から解説すると、気軽にキャッシングサービスを利用することが出来ることです。無人契約機などコソコソと人目を気にせずキャッシングサービスを申し込むことが出来るので、急にお金が必要な時などに気軽にお金の借り入れをすることが出来るのですね。申し込みの場合もウェブ上で必要事項を入力することで、人と対面することなく審査をクリアすることが出来すし、身分証明書の提示も携帯電話のカメラで撮影したものが認められるので、即日でのキャッシングサービスを受けることが出来るようになります。あとは必要な金額を入力すれば、指定した銀行口座へ振り込みが行われると言うわけです。これがウェブ申込みの最大の特徴で、メリットと言えますが、私からの観点からしてみれば、真逆のデメリットになってしまいました。人目を気にせずに借金をすることはつまり、借金への抵抗感が無くなることで、24時間常に手のひらの携帯電話から申し込みが出来る気軽さも次の借金への誘発へと繋がっています。それこそCMの謳い文句である『ご利用は計画的に』が大事になってくるわけで、借金のしやすい環境と戦わないといけないのですね。返済に関しても24時間対応なので、返済のしやすさに関してはメリットがあり、忙しい人でも指定の銀行口座から返済することがウェブ申込みのメリットとなっています。私の場合はウェブ申込みの手軽さから借金がしやすい状況を生み出し、借金地獄へと落ちてしまいましたが、返済の計画があれば便利なサービスだと思います。

意外とお得な無利息サービスの有効活用の体験談

金融機関が行うキャッシングサービスにはごく少数ですが、無利息サービスでお金を貸してくれる金融機関があります。主に2種類あり、『初回の1度だけ使える30日以内の返済』と『1か月に1度だけ使える1週間以内の返済』です。この2つは返済期間が異なるので、使い道が大きく違ってくる特徴があります。『初回の1度だけ使える30日以内の返済』はプロミスやレイクなどがキャンペーンで行っているもので、30日となれば給料日などが入ってくる日数なので、急にお金が必要になった場合にそれを給料で返済することを考えれば効率よく、無利息サービスでお金を借りることが出来ると言うことになります。しかし、初回の1度しか使えず、プロミスを利用したから、次はレイクで利用してみようと言うことが可能ですが、キャッシングカードを多く契約することに繋がってしまい、気軽にキャッシングさせようとする消費者金融の罠に引っかかってしまうのですね。私自身も多くのキャッシングカードを所有していますが、お金をすぐに借りれる環境が間近にある怖さも理解しておかないといけないのだと思います。私がお勧めするのはもう一つの『1か月に1度だけ使える1週間以内の返済』ですね。これはノーローンが特徴としているローンサービスで、1か月に1度だけ使えるので、プロミスやレイクなどと違って1度使ってしまえば終わりと言うわけではありません。しかし、1週間以内返済での無利息サービスなので、利用方法がプロミス、レイクとは大きく異なりますが、給料日が1週間以内にあり、給料日前のお金がない時期でのローンサービスだと思えば、無利息サービスと言うノーリスクでお金が借りれることを考えると計画的で短い期間での借金と気軽さもあるのがノーローンの特徴なのかもしれません。私自身も給料日前の急な出費やお金が少ない時期での過ごす方法として無利息サービスで利用させてもらっています。借金をしていることには変わりがありませんが、無利息と言う有意義なサービスが行われている以上はそれを生かした使い方が重要なのだと考えています。

携帯代が払えない時に使いたいキャッシング

携帯電話の料金は月の平均は1万円前後と言われており、スマートフォンが普及した今では、インターネットのパケット定額プランへの加入や携帯端末代の分割などで携帯代が払えないと言う状況、携帯代に生活が苦労しているなど感じている人が多いのではないでしょうか。特に大学生、専門学校生などお金が少ない時期の人にとっては月1万円は大きなもので、また、スマートフォンが必須アイテムになっている以上は、インターネットのパケット定額プランは外せないもので、電話、メールだけに限定した安い使い方は出来ないと思います。携帯代が払えない状況になったらどのようなデメリットがあるでしょうか。私の実体験を元に解説しますと、携帯代。つまり、料金プランの支払いに関しては10日前後で利子が付きます。支払いが遅れた場合は10日以内にショップなどに支払いに行かなければ利子がついて余計な出費へと繋がります。そして、重要なのが携帯電話端末代です。今では、携帯電話を分割で支払うことで購入することは珍しくはないですが、これは割賦販売規約など携帯購入時の規約に書かれていますが、クレジットカード同様に信用問題に関わるもので、3か月以上も支払いが遅れれば、携帯電話の分割購入の件で信用情報機関に登録され、信用がない人になってしまいます。このことにより、キャッシングカード、ローンカードなど融資にかかわるサービスが受けられなくなり、当然、新しい携帯電話に乗り換えようとしても信用がないので、分割購入が出来なくなってしまいます。私の場合はすぐに調べたので、信用情報機関に登録されることを防ぐことが出来ました。では、ここで、私がどのように支払ったのかが気になる人がいると思います。そう、キャッシング即日を利用したのですね。キャッシングと聞くと借金をすると考える人がいますが、これは正解です。しかし、借金をして携帯代が払えない状況を避けることが出来たので、信用情報機関に登録されることがなかったのです。また、キャッシング即日は会社によって異なりますが、50万円までの融資なら審査が甘く、即日に入金が行われるので、携帯代など急な出費にも対処できますし、無利息サービスを行っている会社でキャッシングを行えば、すぐに返す見通しがあれば、利息がないのでローリスクとなります。