Category Archives: 口コミ

大手クレジット会社のカードのキャッシング機能

キャッシング即日のサービスを受けたいけど、消費者金融に登録したくないと言う人は世の中には多いかと思います。

どうしても消費者金融は借金を連想させてしまいますし、借金をすることへの抵抗感もある人がほとんどですからね。

しかし、急な出費と言うものは社会人には付きもので、親友の結婚式でご祝儀や結婚式用の服装を整えないといけないけど、お金が手元にないと言う場合も経験したことある人は多いのではないでしょうか。

そこでよく使われる手法としては大手クレジット会社のクレジットカードを使うことです。

クレジットカードにはショッピングで利用されるために所有している人が多いかと思いますが、ショッピング枠以外にキャッシング枠が存在しているのはご存知でしょうか。

クレジットカードでお金を借りる機能が大手クレジット会社のカードには当然ながら搭載されているのですね。

これはクレジットカードを申し込む際にキャッシング機能の有無が聞かれていると思いますが、キャッシング機能を使う設定にしていないと利用することが出来ません。

もし、キャッシング機能を利用する場合はクレジットカードが提携しているATMにクレジットカードを差し込みます。

大半のクレジットカードはコンビニATMに対応している場合が多いです。

ATMで借り入れるお金の金額を入力すれば、クレジットカードのキャッシング機能が働き、お金を借りる事が出来ます。

これでキャッシング即日が行えるのですね。

注意点としては利息があり、クレジットカードのキャッシング機能は平均的に18%の利息が発生します。

これはキャッシングカードの平均的な4%から17%と比較すると高めで、クレジットカードでのキャッシングのデメリットと考えられる一面ですね。

キャッシングを1度、2度程度しか利用しない人はクレジットカードのキャッシング機能で対処してもいいでしょうけど、キャッシングの回数が多い人は利息が少ない消費者金融のキャッシングを使った方がお得と考えられています。

ネットショッピングでキャッシングを使う場合はどうするのか

ネットショッピングには様々な支払い方法があります。

主にクレジットカード、デビットカード、銀行振り込み、コンビニ支払い、代金引換などがありますが、世の中にはお金が手元になくてもネットショッピングをしたい人がいます。

大半の人がクレジットカードを利用することで、翌月に商品の金額を後払いすることで、給料日に何とかしようと言うやり方なんですね。

では、クレジットカードを持っていない人がこの手段を使いたい場合はどうするのかが気になるかと思います。

クレジットカードは発行までに時間がかかるもので、クレジットカードを申し込んだとしてもすぐに利用できるわけがありません。

この時点で、人気商品をネットショッピングで取り争っている時に購入できませんよね。

そこで利用するのがキャッシングサービスです。

キャッシングサービスは消費者金融が行っている少額の融資の事で、消費者金融によっては即日対応してくれる会社も存在しています。

しかし、注意点がいくつも存在するのも事実で、クレジットカードでネットショッピングをする場合と比べるとクレジットカードの場合は1回、2回は無利息となりますが、キャッシングサービスではそうもいかず、1回借りたとしても利息と言う物が発生します。

これがキャッシングサービスのデメリット面です。

では逆のメリット面は何かと言えば、即日対応です。

例えば、ネットショップに人気商品が並んで取り合いに買ったとしても支払いの手順があるので、これをクリアしない限り購入することは出来ません。

キャッシングサービスはネット申し込みをすれば、当日、お金を貸してくれることがあり、金融事故が無ければ審査もクリアしやすく、インターネットで行うので実際に店舗に行く必要と言うのがないのですね。

これにより、指定した銀行口座に振込キャッシングをすることで、即日対応が行われると言うことです。

手元にお金がある状態なので、ネットショップでの支払いを銀行振り込み、代金引換に設定すれば購入することが出来ます。

いつでもどこでも融資が受けられるモバイルキャッシング

モバイルキャッシングとは携帯電話のインターネット機能を使ってキャッシング操作を行う手段なんですね。基本的には24時間受付が行われていますが、多くの消費者金融では14時50分以内にお金を借りる操作を行わないと当日での対応が行われず、翌日の午前中に振り込まれる傾向があるので、当日の融資を求める場合は締め切り時間と言うものを注意しておく必要があります。消費者金融によってはモバイルキャッシングの締め切り時間が異なるのでチェックしておきましょう。『プロミス』や『楽天銀行』などでは指定された銀行口座でのみ24時間即入金と言うサービスを扱っており、こちらは24時間、365日いつでもモバイルキャッシングによる振込キャッシングが直ぐに行われるので、キャッシング即日を利用する場合は時間の制限などがないので深夜帯などでも利用することが出来るのですね。口コミなどでもプロミス、楽天銀行の利便性の良さは評価されており、モバイルキャッシングと言うことで外出先での利用が多くなるので、時間帯による締め切りなど気にせずに利用できるメリットが評価に繋がったのでしょう。ここまではお金を借りる事に関してですが、次はお金を返すことに関しての説明です。お金を返す時もモバイルキャッシングを利用し、いち早く返済をすることで利息を抑えると言う目的があります。忙しい時間などATMにいけない理由がある人もいますが、忙しいを理由に利息を増やす行為はバカバカしいですよね。そこでモバイルキャッシングの返済機能を使うことで、自分の銀行口座から返済の操作が可能になります。これで無駄な利息を増やすことなく、スムーズな借金返済が行えるのですね。携帯電話を使うことで手のひらでキャッシング操作を行うことは時代の流れを感じさせるものでもあり、借金をしやすい環境を生み出してしまったことは事実なので、これが原因で借金生活を送る場合があるので注意しておきましょう。

冠婚葬祭時に必要なお金を入手するためには

冠婚葬祭とは人間関係が広い人には遭遇しやすい行事になるかと思います。特にお金がない20代では周りの人間が結婚をし始めるので、1月に結婚式に呼ばれる回数が多い人もいるかと思います。喜ばしい行事と言えば喜ばしいですが、やはり心配になるのは御祝儀であり、男性なら会社に着て行くスーツでもいいでしょうけど、女性になると男性のようには行かず、パーティ用の服装を用意しないといけません。そこで必要となるのが結局はお金で、給料日前に結婚式に呼ばれたりしたら大変ですよね。よく利用される手段としてはキャッシングで、少額の金額を貸してくれるサービスとなります。クレジットカードにもキャッシング機能は搭載されており、クレジットカードの融資額を上限としてお金を貸してくれます。しかし、クレジットカードのキャッシング機能には一つの落とし穴があります。それは金利です。クレジットカードの場合は平均的に18%と高めで、消費者金融のキャッシングカードの場合は4.7%から18%となっており、早期返済を行えば、金利が少なくお金を借りる事が可能です。クレジットカードの方が持ちやすく、キャッシングカードよりも持っている人は多いかと思いますが、金利の面からキャッシングカードの方が同じ金額を借りるだけでも大きな違いがあるわけなので、結婚式に呼ばれた場合で少額の融資を受ける場合はキャッシングに申し込んだ方がお得になります。冠婚葬祭は他にも葬式が該当し、葬式でも死者を偲びますがそれでもお金がかかる行事には変わりがありません。しかし、結婚式と違って欠席すると社会人としての立場の問題が出てきますし、用事を言い訳にして逃げることも許されません。お金が必要ならキャッシングを利用することで解決することが出来ますが、人間関係の信用問題はお金では解決できませんので、出来るだけ出席をして人間関係を保つ心意気が必要でしょう。口コミでもよくキャッシングを使うと言う人が多いですね。

学生生活だからこそお金には困りたくないから学生ローンで補おう

大学生や専門学校生になるとサークル活動や友達との旅行、都市への就職活動をする場合には交通費、宿泊費などが発生し、お金が必要な事情と言うのが多くなってしまいます。アルバイトをしていてもその稼ぎだけでは間に合わないと言うこともあるでしょう。そこで学生ローンと言うローン商品が消費者金融で扱われていることがあります。学生ローンと聞くと学生だから収入が不安定で利息などが低く設定されていると思われがちですが、通常のローンサービスと比較しても高めに設定している消費者金融が多いです。理由としては社会人と比較しても収入の安定性が認められておらず、学生にお金を貸すと言うことのリスクがあるからなんですね。しかし、『学生だから』と言う特権もあり、消費者金融によっては卒業後に社会人としてスタートすることを見込んで返済がスタートする商品もありますし、収入が安定していなくても審査に通りやすいと言う一面があるのです。しかし、限度額が社会人より低く設定していることが多く、学生と言う弱い立場を利用してくる悪徳業者などもいるので、気を付けたい所です。学生ローンは大手の消費者金融でも扱っていますが、大学の近くの学生街などの消費者金融でも学生ローンを扱っている金融機関は存在しています。そこでの利息やデメリットなどは口コミを利用して調べておいた方がいいでしょう。中には大学の認可を受けた消費者金融の学生ローンなども存在しています。どうしても大手消費者金融以外は各地方の小さな消費者金融が行っている場合があり、インターネットの口コミだけでは判別しづらいものかと思われます。なので、学校での友人関係や、教授との関係を大事にして、消費者金融の良し悪いを判別できることが必要となります。最後に初めてのローンの注意点としては、使いすぎることで、学生になるとアルバイトをしていると言う心理状況から自分の収入と支出の判断があまり把握できていない場合が多く、学生ローンで借金地獄に陥りやすいケースも珍しくはありません。ご利用は計画的に利用していくことを心がけましょう。

インターネットを使ったウェブ申込みの利点と対応の早さ

キャッシングのウェブ申込みはインターネットが普及した今だからこそ利用されることが多いキャッシングの申し込み手段となりました。パソコンや携帯電話からキャッシングの申し込みが行え、消費者金融によっては当日にキャッシング即日のサービスを店舗に行くことなく受けることが可能になっています。つまり、店舗に行くことがないので、借金していると思われたくない、店舗に行くのに人に見られたくないと今まであった、借金することへの抵抗を減らすと言う役目も持っていることになります。では、どのような手順でウェブ申込みを行うのかについてですが、大抵、消費者金融の公式ホームページでウェブ申込みの案内は行われており、そこから必要事項を入力することになります。住所などの個人情報から就業先、現在の他社の借入金の状況などを入力すれば、その場で審査が始まります。審査は短時間で行われ、他社の借入金の状況で判断される場合が多いです。次に身分証明書の提示ですが、これは消費者金融によって異なります。大半の消費者金融ではFAXや郵送で書類を送ってくれ。と言うスタンスの消費者金融が多いですが、『モビット』の場合は大きくことなります。モビットの身分証明書の提示は携帯電話のカメラで撮影した運転免許証などの身分証明書が認められており、インターネットを有効に使うことで、次のステップに早く進めることが可能になります。これにより、家にいながら当日にキャッシング即日の利用が可能になると言うことです。また、モビットではスマートフォン向けのアプリをリリースしており、スマートフォンアプリでキャッシングの申込みが簡単になっており、身分証明書の送信などが簡単になりました。このように色々と気軽なメリットが多いウェブ申込みですが、その気軽さからデメリットとして襲い掛かる場合があります。つまり、片手で借金が行えることで、借金をしていると言う意識が薄れてしまうと言うことですね。実際に借金がしやすい状況で借金生活を送る事例もあり、昔みたいな店舗で借入をしていた時代と比べると借金への抵抗と言うものが無くなってきているのかもしれません。なので、借金をすることの意識を保つことが重要となるでしょう。

無利息サービスを上手に使ってお金を借りよう

キャッシングサービスを行う消費者金融で、最近多くみられるのが無利息サービスと呼ばれるものです。無利息サービスとは指定した期間内に返済が行われればお金を貸した時の額だけで事が終わると言うもので、利息が発生しないのです。消費者金融側のメリットとしては気軽にお金を貸し出せる環境を作っているので、消費者側が利用してくれる期待と共に、無利息期間が過ぎてしまった消費者に利息を追加することが出来ることが挙げられます。消費者側も無利息期間内に返済が出来れば、借りただけのお金を返済すればいいことですが、期間が過ぎてしまうと利息が発生してしまうデメリットがあります。無利息サービスの大半は最初のお金を借りてから30日までに返済をすれば無利息となると言うものが多く、最初の1度しか使えない特徴があります。つまり、消費者金融側としては消費者が登録をしてくれる最初のサービスとして行っているのです。30日となれば、給料日は必ず訪れるので、消費者側も最初の1回だけは返済できる目処があるので、無利息で返済できると考えてしまいがちです。しかし、ノーローンと言う消費者金融だけは特殊なキャッシングサービスを行っており、『月に1度だけ1週間以内に返済することが出来れば無利息』と言うサービスを行っています。これは毎月1度だけ1週間無利息期間が設けられており、完済することが出来れば、翌月も1度だけ1週間無利息期間が発生します。消費者は1週間以内に完済が見込める場合に利用することが多く、例えば、1週間以内に給料日を迎えるけど、給料日までお金がないと言う場合や個人事業主で1週間以内にお金が振り込まれるけど、それまで待てないと言う場合に利用されます。このような使い方をすれば無利息でお金を借りる事が出来るのですね。また、1週間は無利息期間となるので、1週間以内の返済が出来ずに2週間後に完済した場合の利息は最初の1週間は無利息期間となるので、残りの1週間分だけの利息だけが求められることになります。使い方によっては無利息にすることが出来るサービスもあるので、消費者金融のサービスを注意しながら判断しましょう。