無収入な専業主婦はキャッシング可能かどうか

専業主婦はキャッシング可能かと聞かれれば可能です。専業主婦の場合は無職と同じ無収入で安定した収入が無い人間として消費者金融は貸すメリットよりも返済されない可能性が高いデメリットが大きいので、消費者金融によっては専業主婦に貸し出すことを戸惑うところもあります。しかし、レディースキャッシングなど専業主婦層にお金を貸し出す消費者金融もあり、この場合は通常のキャッシングサービスとは異なり、提出書類が多くなってしまうのも事実です。まず、第一に配偶者の同意書が必要になります。専業主婦は無収入と言うことで、消費者金融は収入のある配偶者である夫の収入で返済してもらうので、同意してもらう必要があるのです。過去に同意書が必要なかった時代に妻が、無収入なのに内緒でキャッシングを使い込むと言う事件が社会問題になってしまったので、消費者金融もそこを考慮して、内緒で持てなくしたと言うことになります。無職でもキャッシングを使う手段は存在しており、無職と同じ扱いがされる専業主婦でも同じ手段を使えば、キャッシングを受けることが可能になります。キャッシングの審査には収入が安定しているのかが重要となり、お金が収入できる手段を確かめます。例えば、日雇いの派遣社員に登録しているだけでも、無職扱いにはなりません。事実、派遣社員として登録されている以上は派遣社員になるので、働いている状況なんて消費者金融がいちいちチェックなどは行いませんからね。派遣登録会社に電話を掛けることがあっても、そこにきちんと在籍しているのかを確認するだけなので、問題がありません。派遣社員への登録以外ではネットオークションをしていたり、内職をしている場合は自営業と判断される可能性があります。実際にそこから収益を得ている時点で、無職でもなく自分で仕事をしているだけなので、自営業と堂々と言えるのです。もしそれが真面目にこなしていなくて月の収入が減っていたとしても返済できる環境があると判断されるので、審査にやや通りにくい状況には変わりはありませんが、専業主婦の立場と比べるとマシな状況だとは言えるでしょう。

Comments are closed.

Post Navigation